幸せを届ける 結婚祝いのお祝いギフト案内

ENTRY
幸せを届ける 結婚祝いのお祝いギフト案内

結婚祝いとして贈るお祝いギフトのまめ知識

結婚式などのお祝い事ではタブーとされるものがあります。特にお祝いギフトには贈ると良くないとされているものがあるので、知っておくと良いと思います。結婚祝いでお祝いとして現金を贈る際には2で割れる数は使用しない方が無難である事はよく知られている事ですが、現金の他にも、刃物類は「縁が切れる」といった意味があるので避けた方がよいものとされています。現金を入れる祝儀袋では、表書きは濃い筆ペンやサインペンなどで楷書を用いて書きましょう。薄いインクは仏事の時用なので、必ず濃いインクを使う様に気をつけましょう。祝儀袋は袱紗に包んで持っていくのが良いのですが、持っていない場合は大きめのハンカチなどを代用として包んでいくと良いでしょう。

お祝いギフトを贈る時期としては、式当日は出来るだけ避け、2週間前には届く様に贈るのが良いでしょう。結婚式の1ヶ月ほど前から余裕をもって探し始める事をおすすめします。簡単に見つかる場合もありますが、なかなか決められない場合もあります。親しい友人の結婚祝いなどは、直接本人に聞いてみても失礼にはあたりません。本人の希望がわかっている場合はお祝いギフトも選択しやすくなり、本人がほしいものが一番喜んでもらえるでしょう。あまり親しくない方の結婚祝い選びに迷ったら、現金を贈るのが無難だと思います。相手の趣味もよくわかっていない場合はお祝いギフトもなかなか選びにくいものです。また現金とギフトの両方を贈る事も問題ありません。
お役立ち情報